人に言えない包茎の悩み!病院で相談しましょう

いくつかある包茎の種類

包茎には3種類あります。仮性包茎は勃起時には亀頭が露出するので性生活に影響はありません。しかし、カスが溜まりやすいので不衛生ですし早漏の原因にもなりますよ。早漏を気にしている人は仮性包茎を治すと良くなるかもしれません。かんとん包茎は亀頭を出しにくい状態です。勃起時に痛みを伴うことが多く性生活の障害になります。真性包茎は勃起時に亀頭の露出が不可能な状態です。真性包茎の場合は性生活に重大な影響があるので手術をしたほうが良いでしょう。

包茎だけれど相談しにくい

実は包茎に悩んでいるという男性もいるでしょう。ただ、包茎の悩みは人に相談しにくいです。そんなときは、病院に行きましょう。包茎の治療を手がけている病院は完全個室のところが多いです。プライバシーは守られますから人目を気にせずに治療を受けられますよ。また、スタッフは男性のみのところもあります。女性に見られるのは恥ずかしいという人でも安心です。包茎は放置しておいても良くなりません。悩んでいる人は思い切って病院に行くことをおすすめします。

包茎手術は時間がかかりません

包茎は手術をして治療します。手術というと身構える人もいるかもしれませんが、治療は1時間もかかりません。入院の必要もないのでその日のうちに帰れますよ。忙しい人でも安心です。手術が終わってから2週間後に抜歯に行けば治療完了です。吸収糸を使用した場合は抜歯は不要です。また、手術当日からシャワーを浴びることもできます。さらに、包茎手術の跡は目立ちません。手術跡を見られたら恥ずかしいと考えている人は心配無用ですよ。

包茎は、どうしても気にする男性が多いということは確かです。それが、病気なのかというとそうではありません。