これだけは抑えておきたい!EMC試験の基本

EMC試験とは一体何なのでしょうか

EMCはエレクトロ・マグネティック・コンパティビリティの頭文字略称ですが、日本語では電磁環境を両立させる現象を意味します。そしてEMC試験とは、有害電磁波などの干渉に対して、対象の製品がどの程度の耐性を持っているのかを調べることです。たとえば、パソコンの近くに設置したスピーカーから出る音にノイズが混じるのは、パソコンから発せられる電磁波がその機能に干渉していることが原因ですよね。製品が、この干渉に対する高いEMC能力があるかどうかを厳密に調べるために、本試験が実施されるわけです。

EMC試験におけるエミッション測定とは

より正確な結果を出すため、EMC試験は2種類の手段によって行われますが、このうちのひとつがエミッション測定と呼ばれる方法です。どのような干渉に対しても完全な耐性を持ち、一切ノイスが発生しない製品こそが理想的ですが、現実問題としてそれはあり得ないですよね。実際は、多少なりとも雑音が発生してしまうもの。どの程度のノイズまでが許容範囲なのかというラインを引き、その範囲内に収まっているのかを調べる試験がエミッション測定です。

イミュニティ測定とは

EMC試験におけるもう一つの手段が、イミュニティ測定と呼ばれるものです。イミュニティとは、試験される電子製品が、パソコンの電磁波などから受ける干渉に対してどの程度耐えられるのかを、能力として数値化したものを指します。この能力は、エレクトロマグネティック・サスセプティビリティとも呼ばれますが、その頭文字であるEMCという呼称が一般的です。推測されるその製品の使用シーンに応じて、テストに利用されるストレスは異なります。たとえば屋内で使う家庭用ラジオならパソコン電磁波、屋外で使用するアンテナ塔関連部品などなら雷サージと呼ばれるストレス試験が用いられます。このようにEMC試験は、地味ですが製品の性能を担保する重要な役割を担っていて、とても重要なテストと言えるでしょう。

EMC試験とは電気製品から発生する電気ノイズを抑え、周辺の電気ノイズからの電気製品への影響を抑える認証試験の事を言います。