リバブレーションチェンバーはスマホの快適な利用に不可欠

アンテナの評価・測定をする装置

携帯電話やスマートフォンには、無線の電波が使われていますが、電波を安定して送受信するにはアンテナの性能が重要になります。リバブレーションチャンバーは、実際に使われている電波環境を作ることで、アンテナの評価及び測定をする装置になります。受信感度をはじめ、ノイズの発生の有無など、様々な項目を測ることが出来ます。電波の送受信が安定することで、利用者はスマホ等を快適に使えるようになるので、リバブレーションチャンバーの果たす役割は大きいと言えます。

電波の特性を図るための装置

高いビルが建っていたり、建物が集中している地域では、スマホなどの電波の受信が悪くなることがあります。電波というものは特性を持っており、厚いコンクリートを通過することは出来ません。それ故、場所によっては電波状況が変わってくることになります。リバブレーションチャンバーは、そうした電波の特性を調べることが出来、弱点や長所を分析することで、安定した供給に繋げられることになります。電波の基地局を設置する際にも、そうした特性を踏まえた上で行われているわけです。

ノイズ測定に欠かせない測定環境

通常、一つの空間で電波が大量に飛び交う中では、ノイズが発生しやすくなります。ノイズによって電波は不安定になるので、通信が途切れるなどの障害が引き起こされます。リバブレーションチャンバーでは、ノイズ測定に関して欠かせない測定環境なっており、電波の特性に即したノイズ対策に結びつけることが出来ます。ノイズを抑えることによって、安定した電波の送受信が可能になるので、広範囲のエリアでスマホなどを使うことが出来るわけです。

以前は大掛かりな設備のものでしたが、近年、リバブレーションチャンバーも性能を保ちながら小型化されてきています。