洗濯表示のネームタグの意味をしって自作しよう

洗濯表示のタグの意味

洗濯表示には色々あり、洗い方では水温と手洗いしないといけないやしてはいけない等が書かれています。塩素系漂白剤が使用出来るかどうかも、表示されています。アイロンの温度と使用不可の表示も書いてあるので、使用出来る温度設定を見てから使用します。ドライクリーニングが出来るのかと、石油系の物を使用しないといけない物かも書かれてあるので洗濯機での洗濯ではなくクリーニングに出します。絞り方が書いてある場合は、弱く絞るか絞ってはいけません。干し方も載っていて、載っている干し方で干さないといけないです。

タグの素材は色々ある

タグの素材には、ステッカー風のペクター素材がありレトロで淡い色使いのデザインです。ビンテージバッジ素材でテクスチャの質感もあり、ロゴを想定して作成されていて会社や商品に用いられています。ベクター素材で、ランキングの表示等に活用してレトロになっています。バッジとラベルの素材もあり、ショッピングサイトなどで活用される事が多いです。ベクター素材でバッジデザイン用で、星が沢山ちりばめられています。オールドスクールを連想させる物は、タグ用のベクター素材になっています。

ネームタグの作り方はこれ

ネームタグの作り方は、適当に切った布生地を市販のタグに合わせてステッチします。生地を縫い付けて、上部真ん中に穴あけポンチで穴を開けます。ハトメを打って、ポールチェーンを通したら出来上がりです。クロスステッチのネームホルダーの作り方は、麻布を好みにステッチして用意したら好みのサイズに切ります。アイロンをあてながら裏側に折り込み、折り込んだ裏側に布を重ねて糸で周りをかがります。パンチで穴を開けるためのハトメの穴の位置を決めて、ハンマーでハトメの金具を入れて叩きます。ハトメに、麻ひもを通して完成です。

唯一無二のネームタグを作成するためには店頭でなくてもネットでも注文することが出来ます。様々な業者でオーダーすることが出来ます。